ホワイトニングのために配慮すべきこと

色素沈着には注意を

ホワイトニングを継続させるのに大敵となるのが色素沈着です。日常の中には、以外にも歯の白さがくすんでしまうような環境が多分に存在しているもの。こうしたくすみの原因となるものはなるべく避けるのが良いでしょう。
例えば、コーヒーやワインなど色の濃い食材は、歯の白さをくすませてしまう原因となる食材です。食紅色の食材など着色されたものも同様。食事の際に、食べるものの製品表示を見てみると、私たちを取り巻く環境には着色された食品が多いことを感じさせられます。
ただ、食べないというのでは物足りなさを感じることもあるでしょう。全く食べないという手段ではなく、例えばコーヒーを飲むのなら牛乳や豆乳を入れて、色の濃さを歯に影響させないよう配慮する、またワインも毎日飲んでいたのなら、週に2回から3回と、回数を減らすなどの配慮を心がけましょう。

お口全体の健康も

色素沈着と共に配慮すべきは、お口全体の健康です。歯のホワイトニングを続けるには、お口の中の健康を保つことが欠かせません。例えば歯科医院でのホワイトニングの際に、お口の中に傷や虫歯などの症状があれば、すぐにホワイトニングの施術に取り掛かれないことが多々あります。先に治療をしてからとなれば、ホワイトニングは後手になってしまうもの。そうならないためには、ホワイトニングを受ける前後だけでなく、日々のお口全体の健康を維持するよう努めましょう。例えば硬い食べ物は歯の材質を強くする効果があります。歯を労わりすぎて柔らかいモノばかり召し上がるのではなく、時にはしっかり噛んで歯や歯茎、顎の血流を促進させるなど、優しさと厳しさを織り交ぜながらホワイトニングのため、健康維持を図りましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る